たろうの酒まんじゅう
 
加賀藩前田家は七月一日に
将軍家へ氷室の氷を献上していました。
道中の無事を祈りまんじゅうを
お供えした事が氷室饅頭の
始まりと言われています。
今でも七月一日に暑い夏に
無病息災を祈って
饅頭を食べる風習が
金沢ではあります。

茶菓工房たろうでは
この時期になると
酒まんじゅうを作っています。
福光屋さんの酒粕を使い
独自の発酵で作ります。
たろうでは饅頭の生地を
傷めないように手で丁寧に
餡を包む事でフワフワ、
モチモチとした食感になります。
餡は粒餡、こし餡、白味噌餡を
ご用意しております。
 
 
 
白… こし餡
 
緑… つぶ餡
 
赤…白味噌餡
 
 
 

 
 
ご予約は 6月25日で
終了となりました。
当日販売は6/28~7/1
 
1個:162円
10個入:1,879円
15個入:2,754円
20個入:3,564円
30個入:5,184円
 
お日保ち:当日
販売店舗:本店、弥生店、鬼川店、百番街店
販売期間:6月28日(金)〜7月1日(月)
※消費期限が短いため発送は承れません
 
 


 
※たろうの手提げ袋が有料となりました。
 
ご利用のお客様は必要枚数をご購入下さい。
 

手提げはこちらから!


その他のお菓子はこちら!